のし・包装について

のし(熨斗)について

のし(熨斗)とは、一般的には慶事における進物や贈答品に添える飾りです。ただし、元来長寿を表す鮑が使われていたため、お見舞いなどには熨斗を使う場合もあります。現在では黄色い紙を長六角形の色紙で包んだ形状をしているものが多く使われています。祝儀袋等の表面に印刷された、簡略化されたものもあります。しばしば水引と併用されます。

元来、熨斗鮑とはアワビの肉を薄く削ぎ、干して琥珀色の生乾きになったところで、竹筒で押して伸ばし、更に水洗いと乾燥、押し伸ばしを交互に何度も繰り返すことによって調製したものを指しました。
「のし」は延寿に通じ、アワビは長寿をもたらす食べ物とされたため、古来より縁起物とされ、神饌として用いられてきました。『肥前国風土記』には熨斗鮑についての記述が記されています。また、平城宮跡の発掘では安房国より長さ4尺5寸(約1.5m)のアワビが献上されたことを示す木簡が出土しています(安房国がアワビの産地であったことは、『延喜式』主計寮式にも記されています)。中世の武家社会においても武運長久に通じるとされ、陣中見舞などに用いられました。『吾妻鏡』には建久3年(1191年)に源頼朝の元に年貢として長い鮑(熨斗鮑)が届けられたという記録があります。
また、仏事における精進料理では魚などの生臭物が禁じられていますが、仏事でない贈答品においては、精進でないことを示すため、生臭物の代表として熨斗を添えるようになったともされます。
神饌として伊勢神宮に奉納される他、縁起物として贈答品に添えられてきました。やがて簡略化され、アワビの代わりに黄色い紙が用いられるようになりました(折り熨斗)。
正月の鏡餅には大熨斗、束ね熨斗が飾られます。婚礼時の結納品として、束ね熨斗が用いられます。
のし紙の種類 のし紙は、のし ・水引・奉書紙を組み合わせて印刷してあるものです。
結び切り 蝶結び
一度きりでよいことには結び切りを使います。つまり繰り返してほしくないことに使います。結婚、病気お見舞など。 弔事の場合も結び切りを使います。水引の色は黒白が一般的です。 何度あってもよい事に使います。入学、出産など。

満中陰志【まんちゅういんし】

満中陰法要(中陰が満った時の法要)時の志という 意味合いがあり、特に西日本地区で多く用いられるもので、仏教の忌明け法要後に喪家より出席者や弔慰金品を頂いた先様に対して贈る香奠返しの表書きの献辞(上書き)に用いられます。「中陰」とは、仏教における考えである逝去後四十九日(七七日忌)までの「死者の霊がこの世とあ の世の間をさまよう期間」を言い、「満中陰」とはその中陰が満たって四十九日目の忌明けを迎え、死者があの世へ辿り着いた(無事成仏した)ことを言います。「志」とは、謝意を表す言葉で、「お蔭様で無事満中陰を迎えました」という感謝の気持ちを表しています。

ページTOPへ